■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
株式会社山田製作所の中川です。
今回は、人間失格を読みました。
「恥の多い生涯をおくってきました」これは、人間失格の冒頭に出てくる1文です。
この1文は太宰治の正直な気持ちだと思います。
主人公は裕福な家庭に生まれ何不自由ない生活を送っていました。そのため空腹を味わったことがありませんでした。
しかし、世の中の多くの人は空腹を感じたことがありそれを満たすために食事をし、食事をするために労働していることを知ります。
そこで、主人公は空腹とは恐怖なのではいや、その先に本当の恐怖があるのではと考えます。
考えていくうちに、人間に対して恐怖を感じるようになってしまい人とうまく会話することが出来なくなってしまいます。
そんな主人公は、そんな恐怖から逃げるには自分が道化になればいいと考えます。
心の底では、孤独を求めつつも道化として振る舞う幼少期を送ります。
主人公は、いろんな人に出会いがありその都度自殺を行いますが全て失敗してしまいます。
その後、主人公は酒と女におぼれ身体はどんどん衰弱していってしまい、ついには吐血するまでに至ってしまいます。その痛み化や症状から逃れるために薬屋でモルヒネを手に入れ、その後モルヒネ中毒となってしまいます。最終的に精神病院に入れられてしまい「人間失格」の烙印を押され絶望するのです。
この本を読み終えて心に残った疑問は主人公が人間らしく生きていくのに欠けていたものは、一体何だったのかという疑問です。裕福な家庭で、沢山の兄や姉を持つ末っ子に生まれた主人公。幼い頃から人間に恐怖感を抱いていました。
私にとって家族は生きていくやかなでずっと一緒にいるかけがえのない存在です。
しかし、主人公にとっては違いました。何を考えているのかわからないのに身近にいる最も恐ろしい人間という存在でしかなかったのです。
自分をわかってくれる人がいる安心感が大切だと思います。
主人公には、人間として生きるのに大切な愛と欲が欠けていたと思います。
この本を読んで愛と欲を操るのはとても難しい事だと感じました。
でも、これから自分らしく生きていくためにしっかりと向き合っていきたいです。

中川 | 21:45:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
株式会社山田製作所 中本です。

今回は、夜は短し歩けよ乙女を読みました。
この本は京都で起こった恋愛の話で草食系男子の先輩が一人の女の子に恋をしている話でした。

京都の夜の飲み歩きで色々な人と出会い、楽しい夜を過ごしてる女の子、そのこはすごくお酒が強く、お酒が好きなんだなど感じた。
その後古本市に行き女の子ラ・タ・タ・タムと言う本を探しに古本市にいったのだかなかった。
なぜなら先輩がその本を先に探しあてていたからだ。なぜかこれでは女の子がかわいそうに感じた。わざわざ買いに行ったのにその先輩がわざわざ先に買また事で女の子は無駄足になってるなとこの時は感じた。

学園祭でも先輩は女の子を追い続けていた。
自分は僕の先輩みたいにわざわざ目にとまるようにし偶然をよそおったりはしないが読んでいチョット頑張ってるなと思いそれだけの気持ちがあるんやなてか感じた。

と思っていたら話が急展開し、周りで風邪が流行った。なぜか女の子だけは風邪をひかない。
風邪の神さまに嫌われているのだとかで皆んなのお見舞いにに周りに行くのですが、先輩の家にもお見舞いに行き、女の子も偶然をゆそおっていた。そこで女の子が探していたラ・タ・タ・タムを見つけまた偶然をよそおいその本を女の子にあげた。ここで感じたのは女の子も元々興味があったのではないか、とも感じれるし先輩の頑張りに心が動いたのかな。とも感じた。

中本 | 16:12:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所 西口です。今回「世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史」を読みました。


今現在私のとりまく環境は実に進化し、私から見れば無いものが無いのではないのかという時代の中で生活している。一見何のへんてつも無いただの道具も何らかの目的や理由があって作られていると改めて思うと、大事にしなければならないという気持ちになる。

人類もこれまで進化し、それぞれ感情をもつ生き物になった。そして歴代の偉人と呼ばれる人たちや学者といった人たちによって世紀の大発明を起こしたから今の我々の生活が安定しているのだろう。


しかし、このように進化し続ける上で喜びに思う反面不安に思うこともある。この先の将来恐らく新たな偉人や学者が現れるだろう。そうなると技術的にもまた格段にレベルアップした開発に伴い、莫大な資金が必要となる。その上、優れた生産能力があるため、当然人が必要で無くなることもあり得る可能性も少ないないからである。

進化革新は素晴らしいことであるが、人間の生存に待ったをかける結果とならねば良いがと思う。

この本には人の感情などのことは一切触れていない。崇高な理念など、欲望の前では無力だからである。

だが、今一度普段良く使う道具や部品を手に取り、その根源を考えることで、少なからずそこからちょっぴり救われる気分になるのだろうか…

でも、ありとあらゆる全ての存在に対して感謝しながら今日も1日頑張ろう♪

西口 | 19:48:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
株式会社山田製作所 中本です。

今回は王様ゲームを読みました。

王様ゲームは普通に考えると楽しいゲームに感じますがこの本ではそうではなくまた違ったゲームでした。
まず高校に転校生がきた所からスタートしていた王様ゲームでその後みんなの携帯にメールがきてそれを冗談にうける人達がいてその命令にしたがわなかった人が死んでいくという話でした。

そんな中みんなとまどっていたのか夜みんなで集まる事になりどうしていくのかなど話をし、解決していこうとしていた中、その転校生は実は前回その王様ゲームの参加者の生き残りと言う事を言ってみんなで生きのびようと作戦を考えようと提案していました。
僕的にこの時点でこの話はバトルロアイアル2的な話に似ているなと感じながら読んでいてなんとなく展開がわかってきた感じだったんですが、面白くなって来たのが死んだ人の携帯に一文字づつ文字が送られているのに気づいた時ぐらいからでした。

そんななか王様がだれかとかわからないまま友達を王様だと、うたがいはじめる人がいたりで無駄なあらそいが始まり、だけどその転校生は皆を落ち着かせながら信頼を得て自分が犠牲になろうとしたらクラスの誰かがいてのまにか犠牲になって行ったりしてその早く終わらせてと言う思いを経験者に託した。
ここで僕が思ったのは死んでいった仲間の思いと、絶対に終わらせなければいけないと言う転校生の思い。考えればすごく辛い事ですごい複雑な気持ちになるなと思いました。

結末では転校生は死んでしまいました。
なぜなら自分が王様ゲームに参加した事で謎のウイルスがみんなの携帯に広がってしまっていたと言う事に気付いていたからでした。
正直最後はなんとも言えなかったですが、それまでの過程がすごく面白かったし、自分ならどうするんだろうと考えさせられました。
実際その時にならなわからないなと感じた。



中本 | 21:19:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所 西口です。今回は「アミ 小さな宇宙人」を読みました。

宇宙人のイメージって映画などで見る化け物みたいな存在とは裏腹に、愛について熱く語る場面がちょっと面白かった。タイトルにも可愛いらしい名前なので、化け物みたいな想像は有り得ないんですが…

冒険を通してひとつひとつ、考えであったり、悩み事などを言葉で解決、納得に導く、時には宇宙人のテレパシーみたいな能力で解決することもありましたが、主に登場してきた内容には必ず人間が含まれていた。それにより会話の中には善悪の類いの話しで、子供の成長にはとても良い本であると思った。子供だけでなく、所々意味深な部分もあって心理学に関連ある内容もあったので、組織の中で生活する私たちにとっても、忘れていた大事なことを伝えてくれる一冊となるのは間違いないと思う。


この物語を読み終えた時、何故この物語を書いたのか想像してみた。もしかしたら世界の平和、均衡を保つ目的で書かれたのかなと思う。出版された日からはだいぶ経つかもしれないが、手にとってくれることを願う。

西口 | 17:02:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析