FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
山田製作所の馬場です
今回僕は、「植物図鑑」
という本を読みました。
この本は、
主人公のさやかが一人暮らしをしているアパートの下でいつきと出会いいつきが、お嬢さん、よかったら僕を拾ってくれませんか、噛みません。躾のできた良い子です。といい
その発言にさやかはいつきを拾い二人暮しを始めるのです。
いつきは野草や植物に詳しく一緒に野草を取りに行ったり料理などをして、彼に惹かれていきます。
ですが、コートが無いと外に出れない時期にさやかが仕事から帰るといつきは家に姿が無くテーブルの上に「さやかへ」と書かれた封筒がありたつきは家を出ていってしまうのです。
そして、1年後に家に関する相続権などを破棄してさやかの所に帰ってくるという本です。
この本を読み、
小さい頃は抜いて投げたりして遊んでいたそこら辺に生えてる植物でも、おいしく食べられるという事にビックリしました。
さやかがたつきをいつ帰ってくるかもわからないにも関わらず待ち続けていたさやかの気持ちはよっぽど強かったのかなと感じました。
それにたつきはさやかと一生居るために全てを捨てて帰ってきたたつきは凄いなと思いました。
僕にはさやかが待っていたように、たつきが全てを捨てて帰るようなことを多分出来ないと思いました。

馬場 | 21:58:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の中川です。
今夏は芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を読みした。
御釈迦様はある朝、蓮の池を通して地獄を覗いた。カンダタという男を見つける。カンダタは以前、蜘蛛を助けたことがあった。
それを思い出し、御釈迦様は近くにいた蜘蛛が出した糸をそっも地獄へ降ろした。カンダタは「これを登れば極楽へ行ける」と喜び登る。とのろが他のも地獄の罪人も同じように登ってくる。このままでは、 糸がもたないと思ったカンダタは「おりろ」とわめく。そのとき糸はプツリと切れ、みんな落ちてしまった。
この話を読んで思ったことは、自分が地獄から抜け出そうとする、カンダタの無慈悲な心が、このような結果を招いたと思います。
人が生きていくうえで自分だけでは、生きていけないないし自分だけを考えてる人はいずれ痛い目を見ると思うので自分だけではなく身近な人や直接関係のない人のことまで考えていきたいと思いました。

中川 | 21:57:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の馬場です
今回僕は、「家族ゲーム」
という本を読みました。
この本は、母、父、兄、弟の四人家族で兄は勉強もでき、できのいい兄と違って弟はできが悪く父や母には期待もされていなく、家庭教師を五人変えても成績が伸びる事がなく、六人目の家庭教師がいつもの家庭教師とかとは違い体育会系で、宿題をしてこなければ叩かれしごかれていくのですが、
両親の期待は弟にうつっていき、できの良かった兄は勉強をサボり気味になっていくのです。
ですが、弟は高校には受かるが、家庭教師が居なくなってからは学校をサボり気味になってしまう本です。
この本を読み、
僕の家族も四人家族なのですが、僕の兄も優等生とゆうほど頭は良くなかったですが、そこそこ勉強ができ、親には迷惑をあまりかけない人で、それに比べて僕は、勉強が全くできず塾に行っても遊んだりで成長をせず親には迷惑をかけっぱなしで、僕にも塾では無く家庭教師で、一体一で厳しく教えられていたら頭が良くなっていたのかなと感じました。

馬場 | 20:01:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の馬場です
今回僕は
犯人のいない殺人の夜
という本を読みました。
この本は
タイトルのようになっている短編本です。
その中で僕は「小さな故意の物語」が印象に残っています。
ある日、達也は枯葉のように屋上からひらひら落ちて死んでしまうのです。
達也の親友の良ちゃんが駆けつけた時には、達也が落ちた校舎の脇は、黒山の人ばかりで達也が担架で運ばれているところだった。
達也は屋上からうっかり足を滑らし落ちたと、警察は判断したのですが
良ちゃんは、達也が車のヘッドライトが、前方から近づいてくると自転車から降りて車をやり過ごす用心深い男に限って足を滑らせて落ちるはずが無いと事件の真相を調べ始めたのです。
その後事件はわからず、卒業以来に母校に行きそこで事件の謎が解け、達也の彼女の洋子を呼び出すのですが、落ちるようにしむけたのは洋子だったのです。
洋子は達也と別れたかったのですが、それが言えずそこに強い光がひかり、洋子は達也にその光を見るようにあれは何かと聞き、達也はその光で目がくらみ落ちてしまったのです。
僕はこの本を読み
たとえ、ちょっとの気持ちでも、このような事をしてしまったら、このような事になってしまうと思いました。後から後悔しても遅いので、僕もちょっとした気持ちで相手を気づけることはしないようにしようと思いました。

馬場 | 23:59:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の中川です。
今回僕は、芥川龍之介の羅生門を読みました。
羅生門の下で下人は雨宿りをしているのですが、下人は数日前に主人から暇を出されており、これといって行くあてもないのです。このままだと飢え死にしてしまうので、これはもう盗人になるしかないというとこまで追い詰めらていたのですがそうしようとする勇気が出ないのでした。
夕暮れの京都は寒さがきつく、羅生門のろうのところで雨風をしのいで今日は眠ろうかと思うのです。誰かいるとしても、羅生門には打ち捨てられたしたいくらしかないので、気味は悪いが安全であると思います。しかし、はしごを上がって仲を覗き込むと、誰かが火を灯してごそごそ動いているのが見えたのです。ろうの中には、死体がごろごろ転がっていたのですが、その中に白髪頭の老婆がうずくまっていました。老婆は火のついた木切れを持って死体の髪を1本ずつ抜いていました。
その姿を見ていて最初は恐怖していましたが徐々にそれが怒りに変わっていきました。下人は老婆を捕まえて問い詰めます。髪を抜いて、かつらにしようと思ったと老婆は言います。
その後下人は、老婆の着物を剥ぎ取り、梯子を下りて夜の闇に消えました。
この本を読んで思ったことは、羅生門を出た後の下人はどうしていったのかでした。
生前悪いことをしていたからといってその死体を好き勝手にするのは良くないと思いました。下人の正義感はすごいとも思いました。
羅生門のろうにはいった時には恐怖心の方が強いのに好奇心が勝ってしまうのかが不思議でした。
この本の時代や出来ごと調べたりするのも面白かったです。

中川 | 21:36:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析