■プロフィール

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

6月分読書感想文
製造部の加倉です。

6月分読書感想文
『仕事のスキルが面白いほど身につく本』

はい、前回に引き続きましてこの「面白いほど」シリーズが書店に置いてあったので購入しました。

では印象に残っていた所を少し挙げたいと思います。

・主体性を持つ
とにかく自分の意志で自分から動くことが大切みたいです。
*誰かしらにこれやっとけと言われて致し方なく行動してる のでは全く違います。
時間というものをざっと大きく分けて、自分時間と他人時間に分けます。
この自分時間というものを作っていくと、いい仕事やスキルアップに繋がっていきます。
自分時間とは主体性を持って行動している時のことをさします。
対して他人時間とは、自分の意志にない行動している時のことです。
一例としまして*がその状態です。
受け身になって指示を待っているだけじゃ、周りからの評価は「あいつはなんでもしてくれるからあいつに雑用任すか」と、いい仕事がもらえなくなります。

僕も明日からやれと言われたら無理ですがなるべく主体性を持って行動していきたいと思います・・・。


・コミュニケーション能力
耳が痛いですね。
しかし、昨今企業が一番求めている能力はこのコミュニケーション能力らしいですが・・・。
それはさておき、事実仕事は一人でやる仕事もありますが、概ねの方々は集団・・・組織に所属して働くでしょう。
そんな中で誰とも喋らずに仕事しようなんてほぼ不可能でしょう。

上司にホウレンソウ(野菜じゃない)を使う事でも立派なコミュニケーションなので、新入社員の僕がそれをしないとなーと思いました。
連絡・相談はともかくとして報告することによって上司の方も心配が和らいだり、次の指示を出しやすいと思うのでそこは本当に意識していかないとなぁと感じてます。


・目次・図(イメージ)の大切さ
情報社会と言われるこの時代、いかにスピーディにかつわかりやすく情報を伝えるか。
それがイメージらしいです。
この僕の読書感想文みたいにダラダラ長文ばかり、嫌になってきますよね?読書感想文を図にしろと言われたら難しいですけど一応これでも意識はしているんですよ。
どういう書き方をしているかを見てくださればわかると思います。

図にするのは特に文章ばかりのものを図解にするといいみたいです。
長々文を書くより、箇条書きにしたり要点をまとめていくといいみたいですね。

次に目次ですがこれも図の一部です。
この本にも目次がありましたがちらっと見るだけで大体、ここからこういう内容になるのかとある程度の想像はできました。
ので、これも仕事に活用していきたいですね。


・ECRS
研修でも出たキーワードです。
整理整頓の基本ですね。
ちなみに・・・E:Eliminate(エリミネイト) やめる
       C:Combine(コンバイン) 統合
       R:Replace(リプレイス) 置き換え
       S:Simplify(シンプリファイ) 簡素化
です。
上から強い順で、やめるのが無理なら統合、統合が無理なら置き換え、置き換えが無理なら簡素化 という感じになっています。
一番はなんといってもやめることなので、簡単にやめないで次に行くのではなしに、やめる決意が大切ですね。


・SWOT分析
読んでいて、んー?これどこかで一度見たことあるなぁと思っていたら、僕が初めて山田製作所のメンバーと顔を合わせた時にやりました会議の内容でした。
時間の流れは早いものですね。

このSWOTとは、S:強み W:弱み O:機会 T:脅威 のことをさしています。
これは会社のことには勿論、自分という人間にも使えます。


  強みの部分は強みに活かしてチャンスを掴む
  強みを機会にぶつけて更なる活路を見出す
  強みを脅威にぶつけて、その脅威を機会に転化し、活路を見出す。
  弱みは克服し、強みにできるようチャンスをうかがう
                                           」

一部変えてますがほぼ原文のとおり、このようにそれぞれSWOTを挙げていって分析していくようです。
とりあえずうちには何があって何がダメで何がチャンスとなるのか、こういう状態なった時に使ってみるといいのかもしれないですね。



以上、6月分読書感想文でした。
スポンサーサイト


未分類 | 22:52:02 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
18歳の一希にしては
とてもしっかり書かれていますね。

今まで読書などをたくさんして、
活字と触れ親しんできたことが伺えます。

でも、読書感想文としてはどうでしょうか?
本の紹介文なら通用しますが・・・

この本に書いてある主体性の意味を考えて見ましょう
本を読んだ内容を主体的に書いてみましょう

来月の宿題ですね・・・
お疲れ様
2012-07-07 土 14:54:14 | URL | 山田 茂 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析