■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

凍りついた瞳が見つめるもの
この本は、大人になった被虐待児からたくさんの手紙をもらうようになってできた本です。

手紙をもらうようになった理由が「親になるほど難しいものはない」という子供虐待のノンフィクションを
レポートしたものを出版したからでした。

この本を読んでみて、虐待は子供の心も体もボロボロにして、
大人になっても忘れることが出来ないし、子供の頃にされた虐待が、自分が親からうけたのと同じようなことを
大人になって自分の子供に虐待をして連鎖のように
今も起こっていると知りました。

虐待はだいたいが小学生や中学生が虐待をうけていて
うけている子供は何度も何度も死のうと考えていると知って虐待がなくなってほしいと思いました。

最近では、虐待なことが言葉だけではなかなか伝わらないので、絵を通じてわかりやすく伝えて虐待についての
問題意識を持つと書いてあったんですが
最近でも虐待が多くてテレビなどでも虐待のことがでていて
これも自分が親からうけた連鎖なのかなと思ったんですけど
まったくする意味がわからなくて
するなら子供を産まなければいいのにと思いました。

これから先もまだ起こるのかなと考えたんですけど
子供を産む限りは大切に育ててほしいと感じました。

スポンサーサイト


冨吉 | 13:02:19 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
子供への虐待。これほど悲しいことは無いですね。
子供は絶対に、こんなことをされるどころか知る必要も無い。
小さな子供は、愛情だけで包まれていないといけないはずです。
私たち人間は、昔からそんな幸せな世の中を作るために発展してきたはずなのに、反対になっている。ほんとに悲しいです。
 こんな間違った世のカナを変えていくのは、勇介たちの世代です。子供たちが笑って暮らせる日本にするために、勇介はしっかりと成長し続けてください。
2011-09-02 金 16:54:13 | URL | 専務 [編集]
虐待の連鎖・・・とても辛い言葉ですね。

若年層の出来ちゃった結婚が多すぎます。
それもこの虐待が多くなった要因のひとつでも
あるのでしょうか?

でも、世の中がその様な要因をつくりだすのも
事実です。

ワーキングプア・・・働いても働いても賃金が低く
金銭的余裕が生まれないのも事実です。

人は働いて、そして仕事を通じて人間的成長していく
のです。

教育は、家庭+学校+社会がおこなう責任があります。

社会とは会社ですね・・・
私たちがその見本となる行動をしていかねばなりませんね!
2011-10-24 月 11:35:42 | URL | 山田茂 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析