■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

自分であり続けるために
こんにちは、末長です!!

今回僕は「自分でありつづけるために」というのを
読みました。

この本を読んでいると心の奥にいるもう一人の自分
というのがでてきて、このもう一人の自分がどう思っ
ているのか、何がしたいのか、その声を聞き入れること
で自分が少しでも前に進めるということでした。

そのもう一人の自分ことを、本人が気付かなかった時は
まだ自分が未熟なのかなと思いました。
そのもう一人の自分に気付くことでその言葉の意味を理解
して自分の今していることなどを進歩させていくことが出
来るのんじゃないかと思い、その日その日を大事にしてその
もう一人の自分の声を意識していきたいなと思いました。
スポンサーサイト


末長 | 23:41:25 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
秀くん
読書感想文お疲れさま。

いい本を読んだね~
「自分でありつづけるために」ですか・・・

心の奥にいるもう一人の自分ってどんな奴なんでしょうね。

たぶん、「前向きに頑張ろう!」って頑張っている奴なん
でしょうね。


普通の人間は、「このくらいでいいや~」っていつも考えている
奴で、そして自分中にいるもう一人は、「もっと頑張ろう!」
っていう奴。

そいつの声を聞き入れることができると自分が少しでも前に
進んでいけるのでしょうね。

イチローは、それができる天才なんだと思います。

明日から、「頑張ろう」っていうもう一人の自分の声を
聞いて、ちょっとづつでも行動に移せる自分になりたいものです。

秀君!
競争しようぜ!

どっちが、もう一人の自分の声を聞いて行動できるか!

さぁ!俺もガンバロ!
2010-08-12 木 13:21:57 | URL | 山田 茂 [編集]
私も同じようなことをいってる本に出会ったことがあります。
もう一人の自分が、自分を笑える人間が一番強いと
失敗しても、それをもう一人の自分が笑ってる。自分を笑える人間は強いと思います。
また、もう一人の自分が、客観的に自分を見れたら心に余裕がでます。
がんばってる自分、凹んでる自分を大きな目で見れる自分を持って下さい。
2010-08-17 火 09:01:12 | URL | 3S 専務 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析