FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文 鈴木
山田製作所の鈴木です。
今回は火花を読みました。主人公の徳永はスパークスと言うお笑い芸人です。ある日花火大会で神谷と言うお笑い芸人と出会います。その神谷と徳永は師匠と弟子と言う関係になります。ある日神谷に[お前は喋りはうまくはないけど、静かに観察する眼を持ってるから伝記を執筆する人間に向いてるはずや]と言われてしまいました。ですが徳永は[僕の夢は漫才師として食べていきたいことです]と言いました。すると神谷は[冗談や]と言いました。その神谷のおかげていいネタが浮かんだ徳永は思っていることを反対にすると言うネタをしました。その漫才を最後にしようとしていた徳永はその漫才を最後に芸人を引退しました。
僕がこの本を読んで思ったことはこの本は難しいなと思いました。なぜかと言うとこんな経験をしたことがないからです。徳永のように頑張って漫才師になろう思っていることが一番大事だと思いました。僕も頑張って何かになりたいと思えるように努力くをしてその何かを探したいと思いました。
スポンサーサイト


未分類 | 16:19:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析