FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
読書感想文
山田製作所の中川です。
今回僕は芥川龍之介の地獄変を読みました。
主人公には可愛らしい一人娘がおり、大変大事にしてるようでしたが、大殿様にみそめられたため、お屋敷に仕えることになってしまいました。
しかし、主人公は納得していないようで、大殿様の指示で絵を描いたときなどは、褒美として娘をかえすようにお願いしたほどです。このとき大殿様はご立腹され、しだいに主人公を見る目は冷たくなっていきました。
ある日、大殿様は主人公に「地獄変の屏風」を描くように命令されました。主人公は実際に目にしたものしか描かないというこだわりを持っていたため、地獄変を完成させるために、目の前で牛車の中で焼かれる高貴な女性を直接みたいと大殿様にお願いしました。
数日後、大殿様は約束通り主人公を呼び出しました。そして大殿様は主人公に牛車の中をみせるように命令しました。牛車の中で鎖に縛られていたのは、主人公の娘だったのです。主人公は正気を失ったかのように走りだしましたが、すぐに大殿様は「火をかけい」と命令しました。主人公は始め、恐れと悲しみで苦しんでいたものの、次の瞬間には満面の笑みを浮かべて燃えさかる炎をただじっと眺めていました。
その1ヶ月後、主人公は完成した地獄変を大殿様に献上し、まもなく自殺しました。
この本を読んで思ったことは、いくら絵の為とはいえ人を焼いてまで完成させる主人公に恐怖を感じました。ただ、完成させた後に自分も自殺してしまったので人としての心もあって良かったとも感じました。
この本は、歌舞伎や映像作品にもなっているので時間を作って見てみたいと思います。
スポンサーサイト


中川 | 20:47:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。