FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
山田製作所の馬場です
今回僕は、「22年目の告白」
という本を読みました。
この本は
1人のチンピラを追いかける刑事の牧村に上司からの電話がなり、急いで戻るようにと言われ戻ると、会見が始まるところだった。
1人の曾根崎と言う男が会場入りをし、
22年前に起きた連続殺人事件。犯人は捕まらず、先日に時効を迎え、そこで曾根崎が私が犯人だとでてくるのです。
その後も曾根崎は世間に知ってもらうため生放送に出させて欲しいとお願いするが、それは難しいと言われ
曾根崎は遺族の元に顔を出したりしてメディアに露出していき、ジャーナリストの仙堂がキャストを務める番組に出演することになり、全国に広まるのです。
ですが、曾根崎は犯人ではなく恋人を殺され真犯人をおびき寄せるために顔と声を変え犯人のフリをしていたのです。
牧村の元に電話がなり曾根崎と誰かが山奥に行ったと言う事を聞き牧村もすぐに向かうと、山奥に別荘がありその中で、曾根崎が真犯人を殺そうとしていたのです。
ですが、少し前に牧村が殺人の映像を見返していると時効がまだ過ぎてい無いということに気づき真犯人を逮捕できたのです。
そこで真犯人は、ジャーナリストの仙道だったのです。
この本を読み、
初めの方はすっかり曾根崎が犯人だと思い
最後の最後まで、真犯人がいることも誰なのかも分かりませんでした。
曾根崎と言う男は、すごい人だなと思いました。
恋人を殺した人を見つけるために自分の顔と声までを変えてまで、犯人を探すのは自分では考えられないなと思いました。
スポンサーサイト


馬場 | 23:59:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析