FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
山田製作所の中川です。
今回は、anotherを読みました。
僕がこの本を読んで感じたことは死というものが、とても怖くなったということでした。
主人公は父の不在や持病の療養により東京から母の実家の夜見山市に引っ越してきます。
転校先のクラスは3年3組で、雰囲気がなんだか変だと主人公は感じます。
主人公は冒頭で入院していて、その時に鳴に出会います。
転校したクラスで鳴と再開するのですが、鳴に対するクラスの反応が異常です。主人公は彼女に接触しようと試みますが、その度にクラスメイトは困惑します。ある時主人公はクラスメイトから「いないものの相手をするのはよせ」と、警告されます。
なぜそのようなことをしていたのか、その理由は26年年前に遡ります。
26年前の3年3組にミサキという生徒がいました。クラスの人気者だったその生徒は中3になってすぐに航空機事故で死亡しました。その突然の死を受け入れることができなかったクラスメイト達は、ミサキはまだ生きているものとして扱います。そして卒業式の後で撮ったクラス写真に、いるはずがないミサキの姿が映っていた。
これがきっかけで、毎年3年3組には死者が紛れ混むという事案が発生するようになります。それにより人数が1人増えてしまいます。そしてクラスの人数と机の数が合わなくなるので、それが死者がいるかどうかを見分けるサインにもなっていました。
クラスで死者が発生し、呪いが始まってしまうと毎月、クラスの誰かか家族が死ぬという事件が発生することになります。この対策としてクラスの1人をいないものとして扱うことにより呪いを防ごうとします。
しかし、主人公はこのルールを破り鳴をいるものとして扱い、接触してしまいます。その後応急処置として鳴・主人公共にいないものして扱いますが既に始まった呪いを止めることは出来ません。
しかし、ある年この呪いが溶けていた年が何回かありその事を調べ始めた主人公含めたクラスメイト達そしてこの呪いを解く方法が死者を死に返すことで呪いが解けることをしりました。
そして、この呪いを終わらすためにクラスのみんなで合宿を行いますがそこで悲劇が彼らを襲います。死者を探してクラスメイト達が殺し合い始めます。その後、鳴の活躍により呪いは溶けたのですが死者をしに返す際、一緒にいた主人公は死者の記憶がありました。誰か殺さなければ自分が死んでしまう恐怖心がクラスメイト達の心を蝕んでいたのでしょうか?
その疑問だけが僕の心に残っていました。
この本を読んで僕が思った事は人は極限状態だとこれ程弱く脆い存在だということです。
スポンサーサイト


中川 | 23:02:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析