FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
株式会社山田製作所 中本です。

今回は王様ゲームを読みました。

王様ゲームは普通に考えると楽しいゲームに感じますがこの本ではそうではなくまた違ったゲームでした。
まず高校に転校生がきた所からスタートしていた王様ゲームでその後みんなの携帯にメールがきてそれを冗談にうける人達がいてその命令にしたがわなかった人が死んでいくという話でした。

そんな中みんなとまどっていたのか夜みんなで集まる事になりどうしていくのかなど話をし、解決していこうとしていた中、その転校生は実は前回その王様ゲームの参加者の生き残りと言う事を言ってみんなで生きのびようと作戦を考えようと提案していました。
僕的にこの時点でこの話はバトルロアイアル2的な話に似ているなと感じながら読んでいてなんとなく展開がわかってきた感じだったんですが、面白くなって来たのが死んだ人の携帯に一文字づつ文字が送られているのに気づいた時ぐらいからでした。

そんななか王様がだれかとかわからないまま友達を王様だと、うたがいはじめる人がいたりで無駄なあらそいが始まり、だけどその転校生は皆を落ち着かせながら信頼を得て自分が犠牲になろうとしたらクラスの誰かがいてのまにか犠牲になって行ったりしてその早く終わらせてと言う思いを経験者に託した。
ここで僕が思ったのは死んでいった仲間の思いと、絶対に終わらせなければいけないと言う転校生の思い。考えればすごく辛い事ですごい複雑な気持ちになるなと思いました。

結末では転校生は死んでしまいました。
なぜなら自分が王様ゲームに参加した事で謎のウイルスがみんなの携帯に広がってしまっていたと言う事に気付いていたからでした。
正直最後はなんとも言えなかったですが、それまでの過程がすごく面白かったし、自分ならどうするんだろうと考えさせられました。
実際その時にならなわからないなと感じた。

スポンサーサイト


中本 | 21:19:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析