■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
株式会社山田製作所 中本です。

今回は「ツナグ」を読みました。

この本は、ツナグと言う使者がいて、その人が
死者との面会をさせてくれるが会うのは一度だけで自分が生きているうちに、亡くなった人に会ったら自分が死んでから、生きている誰かにも会えない大事な時間を作ってくれる話です。

そのなかで4人のストーリーがあり、憧れのタレント、自分の母親、親友、恋人でみんな疑っていた。もし仮に自分がその使者の人にあったら100パーセント無視かちょっと変わった人やなて思うと思うけど本間に会いたい人がいて、なやんでたら聞いてしまうと思った。
でも自分が会いたくとも、相手が承諾しないと会うことができないルールがあって死者もそれぞれの想いを持って、生者にあうことを決めれている。
自分ならどうするやろて思う。
子どもには会いたいけど、1回しか使われへんし別で使ってほしいと思うか自分の嫁に会いたいと思うか、生きてる側なら誰に会いたいと思うかな。
1回しか使われへんルールをどう使うか、まず死んだ人に会うことがいいことなのかどうなのか。
わからないままの方がいいこともあるじゃないか色々考える本でした。
スポンサーサイト


未分類 | 23:54:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析