■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
株式会社山田製作所 中本です。

今回は「そして父になる」を読みました。
読む人の立場や環境で感想は変わると思った。
この本では今まで育てていた子供が6年後に自分の子供じゃなくて他人の子供とわかるんですけど、血のつながりなんてものは今まで過ごした時間なんかとは替えが効かんのではないかと思ったし、子供側も大人の事情とかに振り回されてるんじゃないかなと感じました。

もし仮に今の自分の子供が、実は取り違えをして実の子供ではありませんでした。と言われても、はい、そうですか。とはならないし、僕はその立場やと子供に所愛情を注いでいると思うし、離れ離れになることは考えられません。でも、血のつながりのある子供も大切です。
血よりも時間だろ絶対!とこちらが思い込んでしまうところが欠点といえば欠点かな?
血のつながりかそれとも共に過ごした6年間か。どちらを選ぶかなんて決められへんし、綺麗事では乗りきれない。
この本を見た人はどうおもいますか?と聞いて見たくなる本でした。
スポンサーサイト


中本 | 23:28:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析