■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
こんばんは。
製造グループの冨尾です。

今回私が読んだ本は、東田直樹さんの「自閉症の僕が跳びはねる理由」です。

今回この本を読もうと思ったきっかけは、母のお友達にオススメされたからです。

この本著者東田直樹さんは、重度の自閉症です。話すことが出来ない人なんですけど、文字盤やパソコンを使って人と会話することが出来るようになった方です。

自閉症の東田直樹さんだからこそわかることや、感じていること、なぜ跳びはねるのか、なぜ奇声を発するのか。

この本ですべてがわかりました。

私の妹は知的障害者です。
自閉症の人たちとはまた違うけど、重なる部分がたくさんありました。

私自身も、妹の関係で色んな障害を持っている人たちと接することもあり、軽い子から重い子まで色んな人たちを見てきました。

やっぱり急に跳びはねる子や、奇声をあげる子、すべての言葉をおうむ返しする子など、私には全く理解というか、どうしてなのかそれに意味があるのかと思っていました。

でもその全ての行動に意味があることを知りました。


私はもっと知りたくて、NHKの東田直樹さんのドキュメンタリーをYouTubeで見たんですが、
この本に出逢って自閉症の子供との接し方が変わった人、救われた人が世界中にいることを知りました。

悩んでいた人たちに勇気と希望を与えた東田直樹さんは、本当に素晴らしい方だと思いました。

私もこの本を読んで、「こんなことを考えてるのかな?」と考えられるようになりました。

これからも色んな障害を持っている人たちのことをもっともっと理解していきたいと思いました。

みなさんもぜひ読んでみて下さい。

以上です。

スポンサーサイト


冨尾 | 20:15:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析