FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文 鈴木
今回は億男を読みました。主人公は3千万の借金をを抱えた男が宝くじで3億円を当て起きたお話です。主人公は妻と別居しており離婚するとまで言われてしまいます。その理由は借金3千万が原因で主人公困ってしまいます。そんなある日主人公は景品で宝くじを貰います。その宝くじが3億円当たっていてこれで借金がチャラになるとほっとしたのですが、そのあとのお金をどうすればいいか分からなく、親友の九十九に相談してしまいます。すると使ってみようと言い出します。そして九十九の家でパーティーをしました。朝起きると九十九も3億円も消えており盗まれてしまいます。何とか取り返すため九十九に関係のある人たちと話していきます。1人目は百瀬と言う人物に会います。百瀬はお金は使うもんやとギャンブルを楽しむ人で大金持ちでした。主人公は九十九を知らないかと聞きます。百瀬はもうワシらとは会いたくないやろといい場所は知らないと言いました。次に千住と言う人物に会います。千住も金持ちでミリオンアニューワールドと言う教祖でした。千住はお金はゴミだと言い信者達に教え続ける人でした。千住も知らないと言います。次に親友の秘書だった十和子と言う人物に出会います。その人も金持ちでお金に囲まれて過ごしたいと言っていました。主人公は話していくにつれ九十九はバイカムと言う会社の社長だったことが分かります。その幹部達に千住や百瀬がいました。ある日会社を売るか売らないかでもめてしまいました。だから九十九はもう千住や百瀬には会いたくないといいどこかへ行きました。主人公は話を聞いていくにつれ幸せはお金だけで買えるものでは無いと気づき話は終わりました。本を読んで思ったことはお金にも色々な使い方があるんだと知りました。使ったり貯めたりするだけでなく囲まれたいとかそんなこと考えたこと無かったです。あと金さえあれば何でも出来ると思っていたのですが、考え方がかわりそんなことないんだなと思いました。

スポンサーサイト



未分類 | 23:03:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
  1. 無料アクセス解析