FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
山田製作所の中川です。
今回僕は、夏目漱石の「こころ」を読みました。
この本は上・中・下の全三部作となっています。
上の先生と私では、主人公が夏休みに鎌倉の由比ヶ浜に海水浴に来ていて先生と出会います。東京に帰った後も奥さんと共に暮らす先生の家に出入りするようになります。
毎月、先生は友達の墓に墓参りしています。先生には心に闇を抱えているようで、時に主人公に教訓めいたことを言います。
重病の父の見舞いに帰省した主人公は、正月すぎにまた東京に戻り大学卒業後にまた帰省します。
中の両親と私では、父が腎臓病を悪化させたため、主人公は東京へ帰る日を延ばしました。
容態がいよいよ危機に瀕したところへ、先生から分厚い手紙が届きます。読み始めて、それが先生の遺書だと気づくと、主人公は東京行きの記者に飛び乗りました。
下の先生と遺書では、先生の手紙が主人公に宛てて書かれたもので、先生の過去や自殺に至るまでの経緯が記されています。
この本を読んで僕が思った事は早くこの作品の続きが知りたいでした。最初読み始めた時は、三部作もあるこの本を読み終えれるかでしたが読んでいくうちに、最終的には自殺してしまいますが先生の心情の変化を読んでいくよが面白くなり気がつけば読み終わっていました。
まだ、僕には難しい小説でしたがとてもいい勉強になりまた。

スポンサーサイト
中川 | 21:54:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の馬場です
今回僕は[君の膵臓を食べたい]を
読みました。
この物語は
この物語の主人公である春樹が 病院で
クラスメイトである山内桜良が綴っていた
共病文庫という名の文庫本。
それは桜良の秘密の日記帳であり桜良の膵臓癌(すいぞうがん)で余命が長くないことが記されている本でした。
春樹はその本をきっかけに誰も知らない
桜良の病気を知るようになりました
いつも明るく元気に振る舞う桜良が春樹に
[知るまでにやりたいこと]リストを作り、
そのリストに付き合わされる様になりました。
それがきっかけでお互いの性格に欠けている部分に興味を持ち次第に心を通わせ成長していきます。
余命宣告をされ、春樹も桜良も
それまで生きると思っていたが
桜良がある日突然、通り魔事件に遭遇し刺されて亡くなってしまうと言う物語です。
僕はこの本を読み
人は必ずしも明日が来るとは限らない。
明日でいい。と後回しにしたりするけど
誰にでも明日が来るとは限らないし
伝えなきゃいけない事をしっかりその時に伝えないといけない。
後悔する前にしっかりと自分のしたいことで行動しないと行けない、
という事をこの本を通して感じました。
命の大切さは自分でも大切な人にも
人それぞれ色々な考え方で
価値があるものだと思いました。

馬場 | 23:01:39 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析