■プロフィール

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
こんばんは。
製造Gr.の冨尾です。

今回私が読んだ本は、「3行ラブレター」です。

これは、日テレの番組「深イイ話」で紹介されていた3行ラブレターをまとめた本になっています。

まだ島田紳助さんが司会をやっていた頃に、この3行ラブレターは紹介されていました。懐かしいなと思って、今回読んでみました。

この3行ラブレターは老若男女が自分の気持ちを素直に3行のラブレターとして綴るものです。
ここで、私がいいなぁと思ったものをいくつか紹介したいと思います。

”君からメールが届いた
「元気?」って……
たった今 元気になった” (大阪府 16歳 男性)

”生きていれば 時間は減っていくもの
その中で増えていくものがある
お前への気持ちと2人の思い出” (ET-KING イトキン)

”私が happy になる色はピンク
それは あなたからの
メールのイルミネーション” (谷村奈南)

他にも夫婦のラブレターや片想いのラブレターが色々とあるんですが、全てに共通しているものがありました。
それは、素直で作り込んでいない所です。
本当に全ての作品に素直な気持ちが描かれていて、すごくピュアで、読んでいるこっちまで幸せな気持ちになるような作品ばかりでした。

その中で、私が一番惹かれたラブレターがありました。

”もし天国で僕を見つけても
どうか知らんぷりでいてほしい
今度も 僕からプロポーズしたいから” (東京都 53歳 男性)

この素敵なラブレターを書いたのが、53歳の方というのに驚きました。
これは夫婦編の作品なんですけど、長年ずっと寄り添いながら仲良く過ごしてきたんだなぁと、この3行で感じとれるような作品でした。私もこんな素敵な男性と一生を共にしたいなぁと思えました。

この本を読んで思ったことは、たった3行で人は感動出来るんだなぁということです。その3行の中に色んな想いが込められていて、その2人の風景や感情や場所などが見えてくることは、本当にすごいことだと思いました。

本当にこの本を読んで、あったかい幸せな気持ちになれました。

以上です。



スポンサーサイト
冨尾 | 21:30:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
  1. 無料アクセス解析