■プロフィール

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

5月分読書感想文
5月分読書感想文

製造部の加倉です。

タイトル:「見える化」のことが面白いほどわかる本

書店へ行って何かいい本がないかなーと探していたらこの本が目に留まりました。
3Sと言えば正に見える化ですよね。その見える化を少しでも理解できたらいいと思い購入してみました。
実際に読んでみて「確かにな」、と思えることが多々ありました。

ではその見える化ってどこから始まったのかというと、皆さんご存知のトヨタです。
トヨタの作業標準表が作られたところから見える化というものが始まりました。
弊社にも作業標準表がありますが、新入社員の僕でもわかりやすくてよくお世話になっています。

例えば僕がよく使うのはタップをたてる時ですね・・・8Mのタップたてるから8πのキリで穴あけるぞー
というわけにはいきません。タップを立てるだけでもちゃんとルールがあり、たてたいタップに見合ったクリアランスが必要なわけです。
じゃあ何πの穴あけたらいいんだよ!ってなるんですけど、そこで作業標準表の出番です。
そこを見たらほぼ全て書いてあります。
ので、8Mのタップたてるから用意しろーと言われたら直ぐに必要なものを用意できます。
先輩方に聞くのもありですが、仕事を止めて口で説明してもらっても理解できず
最悪の場合先輩自らが動いてその場へ行く・・・とか考えたらそれは「無駄な時間」になるわけです。
そういう風に考えるとこの作業標準表というものはとても効率的で素晴らしいと思います。


次に印象に残ってる言葉が「マイナス情報」です。
字の如くマイナスの情報です。トラブル・遅延・ムダ・基準未達・クレームなどなど。
これらこそを見える化すべきなんですね。
見える化しないと見えずにそのまま悪い部分が残ってしまう・・・と、いけないのでマイナス情報を浮き彫りにする
ことが大切みたいです。

クレームだと、「ここの溶接が失敗していますがなぜですか?」「難しかったからです」「そうですか、では直して再度出荷しましょう」
なんてまぁこんなやりとりありえませんが・・・!
そうですかで済ませるのではなく、なぜ難しかったのか、○○だから、ならなぜ○○なのか、
という風になぜ?なぜ?と根本をはっきりさせていくことが大事なんだなぁと思いました。

そんな感じで以上です。

スポンサーサイト
未分類 | 12:20:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
家庭菜園
 製造部の谷です

4月から菜園始めています。
120525_1705~01
きゅうり、ゴウヤ、なすび、いちご、トウモロコシ、何でも植えています。

120525_1706~01
昨日きゅうり収穫!!サラダで食べました。美味しかった!
ちょっとパリット感が不足、これから色々やってみます。
 
片手間にと思っていたのですがなかなか奥が有りそうで、ハマりそう・・・・・。

未分類 | 23:39:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
慰安旅行
こんにちは、製造部の鈴木です。
今年の慰安旅行は、来月末に東京へいくことに決まりました。
今週オープンしたばかりのスカイツリーに残念ながら昇ることは
できませんが、近くまで行き肉眼で見れるということで楽しみです。

鈴木係長 | 13:04:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
旅行
今日は製造部の吉岡です

皆さんゴールデンウイークはどうお過ごしでしたか、私は白浜で2泊3日、のんびりと過ごしてきました。

露天風呂が最高です、何もすることが無く温泉ばかり入っていました、そのおかげでなんか肌がつるつるにな

ったかんじがします2日目はサファリパークに行きパンダを見て思ったのですがパンダの縫いぐるみは黒と白

ですが実際は黒と茶色でした、シーワールドはイルカ、アシカショーは必見です。

来年も今から考えています、次は南の方を検討しています。

吉岡課長 | 18:22:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
釣りにいこう
釣り季節がや伝来た。海いこう・暑いとき避け朝夕でしょうぶ

末房職長 | 12:30:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
ISO勉強会
自社のISOをもっと深めるため、ISO勉強会を4月から朝礼時に行っています。

勉強会と言っても、マニュアルの順を追って読み合わせを行い、品質管理責任者である

鈴木係長が解説し、自社での活動と照らし合わせ理解を深めるという手法です。

始めはこんなので内容の理解度が深まるのか?と思っていましたが、

逆に今まで理解していたのと違った新しい見かたができたり、次の改訂のヒントが

見つかったりと若手だけではなく私自身も勉強になっています。

アナログながらなかなか侮れない手法だなと実感しました。

今年一年でどれだけ全社での理解度が向上するのか楽しみです。

吉岡 | 16:29:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
4月分の読書感想文
読書感想文

『さぁ夢を語ろう-70人の元気な夢-』

製造部の加倉です。

4月分の読書感想文ですが1日遅れちゃいましてすみません。
4月中に書き上げなければならない物を1日でも遅れた事に変わりはありません。
以後気を付けます。



さて、この本は前に社長から頂きまして、せっかくなのでこの本を読んで
読書感想文を書こうと思い立ちました。

内容はタイトル通り、70名の方々の夢が書かれています。
皆さんそれぞれ夢を持っているんだなぁと思いながら読んでいました。

夢・・・そうですね、僕も夢と言えば大型のバイクに乗ることですね。
金銭面やその他色々あってまだ大型二輪の免許すら取れていませんが
いつか必ず大型バイクに乗ります。

乗るバイクはもう決まっていてスーパースポーツタイプのバイクです。
例としまして、CBR1000RRやYZF-R1、隼(GSX1300R)など。

そんなバイクを買ったからには峠へ行きたいですね。
カーブが連続する山を上ったり下ったりと。
うちの近所には阪奈道路があるので試し乗りはそこへ行くつもりです。

峠に満足したら次はツーリング。
GWやお盆を使ってロングツーリングしたいです。
最終的には北海道1周するつもりです。バイク乗りならあの広大な大地を
駆けてみたいと思いませんか?
走り回って途中でおいしいご飯を食べて、夜はキャンプ。
動画サイトでよくツーリングの動画を見ますが憧れちゃいますね~。


他にはバイクのマフラーは2本だしやETC装備などなど細かいこともありますが
僕にも【夢】があると気付きました。

中学、高校生の頃。将来の夢はなんですか?と聞かれたら答えられなかった
ことが多々あります。
いつも「将来の夢・・・?なんだろう?夢って・・・?」と難しく考えてい
ました。
だけど、そんなに難しいことではなかったですね。
ただ自分のやりたいことを言えばいいだけです。

僕みたいなちっぽけな夢でも夢は夢ですよね。
そして夢を叶えたら次の夢が必ず見えてくると思います。
この場合僕を例にしますと、バイクを買った→峠へ行こう→北海道へ行こう
みたいに、次々と目標、すなわち夢がどんどん湧いて出てきます。
このことは経営理念にも通ずるのだと気付きました。

そうやって会社や人は夢を持ち続けて成長していくのだと思います。
人は夢を諦めたり、持たなかったりするとそこで立ち止まる。
会社もまた、ここらへんでいいやという妥協続きならそれ以上の発展は臨めないでしょうね。


せっかくの1度きりの人生、何か夢を持って楽しんでみてはいかがでしょうか?
夢を持つというだけで人とのつながりが増えていき、それにより興味の視野も広がっていきます。
夢は生きるための原動力と言っても過言ではないかと思います。
だから人類はここまで、もしくはこれまで以上に進化していけるんじゃないかなーと思うのでした。

これにて4月分感想文おしまいです。
是非夢の参考にでもこちらの本をどうぞ!

未分類 | 12:35:26 | トラックバック(6) | コメント(1)
  1. 無料アクセス解析