FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
山田製作所の中川です。
今回は芥川龍之介の「杜子春」を読みました。
ある夕暮れに杜子春という男が洛陽の西の門の下にぼんやりと空を仰いでいました。
もとは、金持ちの息子でしたが、今は財産を費い尽くして、その日のくらしにも困るくらい、憐れな身分になっているのです。
ある老人が杜子春に「お前は何を考えているのだ。」と聞きました。杜子春は「今夜寝る所もないので、どうしたものかと考えているのです。」と答えました。老人はしばらく何かを考えているようでしたが、やがて、往来にさしている夕日の光を指しながら、「この夕日の中に立って、影が地に映ったら、その頭に当たる所を夜中に掘ってみるがいい。きっと車いっぱいの黄金が埋まっているはずだから。」と杜子春に言いました。
そして、杜子春は一日のうちに、大金持ちになりました。大金持ちになった杜子春は、すぐに立派な家を買って贅沢な暮らしを始めました。
毎日友人を呼び酒盛りをしていました。
しかし、いくら大金持ちでも、お金には際限があるので1年2年と経つうちには、だんだん貧乏になりました。貧乏になると昨日までも来ていた友人も、門の前を通っても挨拶1つして行きません。1文なしになった杜子春に宿を貸す人も水の1杯も、恵んでくれる人もいません。
また、あの時の老人があらわれ以前と同じ質問をします。杜子春も以前同じ事を答えます。老人は「今この夕日の中へ立って影が地に映ったら、胸に当たる所を、夜中に掘ってみるがいい。きっと車いっぱいの黄金が埋まっているはずだから。」と言いました。その翌日からまた、杜子春は大金持ちに返りました。そして、3年経つ頃にはすっかりなくなっててしまいました。
また、老人が同じ質問をしました。杜子春は同じ事を答えます。老人が前回と同じ事を言っている途中で杜子春は「お金はもう入らないのです。」と言いました。老人は「贅沢をするにはとうとう飽きてしまったとみえるな。」と言いましたが杜子春は、「贅沢には飽きたのじゃありません。人間というものに愛想がつきたのです。」と答えました。
杜子春は老人を仙人だといい老人の弟子にしてくれと頼みました。その頼みを受けた老人は杜子春と一緒に峨眉山に行きます。そして、峨眉山の幅の広い1枚岩の上におり、何があっても一言も口をきくなと言われました。
杜子春は老人を待っている間魔性に襲われ殺されてしまいます。そして、閻魔大王の元へつき閻魔大王は「峨眉山の上にのぼっていた」と聞きました。杜子春は老人の言いつけを守り口を聞きませんでした。その事に怒った閻魔大王は馬の姿となった父と母を杜子春の目の前でむちで打ちはじめ杜子春は動揺を隠せません。「私たちのことはいいから幸せになりなさい」という母の声を聞いた杜子春は思わず。「お母さん」と叫んでしまいました。
仙人の修行には失敗しましたが、人間らしさを守れた杜子春は喜びを感じていました。それを見た老人は、1軒の家と畑与えて杜子春のもとを立ち去りました。
この本を読んで思ったことは、金の切れ目が縁の切れ目ということと、何があっても親は大切にしなければならないと感じました。また、本当の幸福とは何かと、いうことも考えさせられました。

スポンサーサイト
中川 | 22:09:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の中川です。
今回僕は芥川龍之介の地獄変を読みました。
主人公には可愛らしい一人娘がおり、大変大事にしてるようでしたが、大殿様にみそめられたため、お屋敷に仕えることになってしまいました。
しかし、主人公は納得していないようで、大殿様の指示で絵を描いたときなどは、褒美として娘をかえすようにお願いしたほどです。このとき大殿様はご立腹され、しだいに主人公を見る目は冷たくなっていきました。
ある日、大殿様は主人公に「地獄変の屏風」を描くように命令されました。主人公は実際に目にしたものしか描かないというこだわりを持っていたため、地獄変を完成させるために、目の前で牛車の中で焼かれる高貴な女性を直接みたいと大殿様にお願いしました。
数日後、大殿様は約束通り主人公を呼び出しました。そして大殿様は主人公に牛車の中をみせるように命令しました。牛車の中で鎖に縛られていたのは、主人公の娘だったのです。主人公は正気を失ったかのように走りだしましたが、すぐに大殿様は「火をかけい」と命令しました。主人公は始め、恐れと悲しみで苦しんでいたものの、次の瞬間には満面の笑みを浮かべて燃えさかる炎をただじっと眺めていました。
その1ヶ月後、主人公は完成した地獄変を大殿様に献上し、まもなく自殺しました。
この本を読んで思ったことは、いくら絵の為とはいえ人を焼いてまで完成させる主人公に恐怖を感じました。ただ、完成させた後に自分も自殺してしまったので人としての心もあって良かったとも感じました。
この本は、歌舞伎や映像作品にもなっているので時間を作って見てみたいと思います。

中川 | 20:47:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の中川です。
今回は芥川龍之介の「トロッコ」を読みました。
主人公は工事のために土を運ぶトロッコを見るのが好きだった。1度だけ弟と隣の子とトロッコで遊んだことがあるが、その時は工事場の大人に怒られてしまった。ある日主人公は叱られなさそうな土工を見つけ、頼み込んでトロッコを押す許可をもらう。はじめは楽しく思っていた主人公だったが、暗くなり始めた空を見て不安になる。土工に別れを告げ主人公は走った。心細さはあったが泣かずに家までたどり着いた。自分の家で主人公は、近所の人が集まってくるほどの大声で泣き続けた。
この本を読んで思ったことは、何故土工の人は主人公がトロッコを押すのに許可を出したのかです。もし、それで事故が起きた時に誰が責任をとるのかなどを考えたら安易に許可を出さない方がいいと思いました。
帰る中辺りは暗くなるにつれ不安も募っていって泣きそうになりながらも走り続けて最後は無事に家にたどり着けて良かったとも思いました。

中川 | 20:49:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の中川です。
今回は、芥川龍之介の「雛」を読みました。
この話は、ある老婆の子供の話です。
お鶴の家は御用金の商家だったのですが、15歳の時には没落していていました。火事で焼け残った土蔵住まいとし、仮説の建物を店にして、にわか仕込みの薬屋をやっていました。
生活が厳しく家財を売り払ってしまった頃雛人形も売らなければならなくなり、買い手はとあるアメリカ人に決まった。
最初はあまり悲しく思わなかったが引渡しの日が近づくにつれ雛人形を惜しむ気持ちが湧いてくる。
引渡しの日の前日お鶴はなかなか寝付けずにた。行燈を灯した薄暗い中に、雛壇を飾って眺めている父の横顔が映る。
この本を書き上げたのは、イギリス人の客間に、古雛の首をおもちゃにしている赤毛の童女に遭ったからだという。
この本を読んで思ったことは明治維新、文明開化などの時代背景から、新しいものばかりに 目を向けないで昔からある伝統も大切にし欲しいと作者が言いたかったと思いました。僕は、新しいもの好きですがやっぱり昔からある日本の伝統も大切にして行きたいと思います。

中川 | 22:48:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の中川です。
今夏は芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を読みした。
御釈迦様はある朝、蓮の池を通して地獄を覗いた。カンダタという男を見つける。カンダタは以前、蜘蛛を助けたことがあった。
それを思い出し、御釈迦様は近くにいた蜘蛛が出した糸をそっも地獄へ降ろした。カンダタは「これを登れば極楽へ行ける」と喜び登る。とのろが他のも地獄の罪人も同じように登ってくる。このままでは、 糸がもたないと思ったカンダタは「おりろ」とわめく。そのとき糸はプツリと切れ、みんな落ちてしまった。
この話を読んで思ったことは、自分が地獄から抜け出そうとする、カンダタの無慈悲な心が、このような結果を招いたと思います。
人が生きていくうえで自分だけでは、生きていけないないし自分だけを考えてる人はいずれ痛い目を見ると思うので自分だけではなく身近な人や直接関係のない人のことまで考えていきたいと思いました。

中川 | 21:57:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析