■プロフィール

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
製造部生産グループの中本です。
今回は「面倒だから、しよう」
と言う本を読みました。
僕はいつもどうしても面倒くさいことは後回しにしてしまって、
「まだ大丈夫まだ間に合う・・・」
といってるあいだに時間がなくなっていきます。
どうしようかと考えて大慌てでやって失敗したり、
雑になったりしてしまう事があります。
最近では仕事から帰ってきて、洗濯など
すぐやればいいのについ休みすぎて、
「やばい時間がない」ってなってしまい、慌ててする事が多い日が続いています。
明日こそは早く終わらせて休もうと思うんですが、
それがなかなかできないです。
この「面倒だから、しよう」は、
面倒くさがりやの著者が自分に言い聞かせている言葉で、学生たちとも一緒に使っている言葉なのです。
学生たちには、
「しようか、どうしようか迷ってもいいでもそこで自分のナマケ心と戦ったときに
初めて本当の心の美しさ自分らしさが生まれてくるんだと思う」
と書いてありますが、
僕は、自分のナマケ心とどう戦うか嫌なことをどうやったら嫌がらずにできるようになるか、などの方法が書かれているのかと思ったのですが、違いました。
方法論じゃなくて精神的なもの。
例えば、疲れた時苦手な人がいるとき、苦境の時など人生において面倒な時、どう考えてどう行動したらいいのか。
人生における指針のようなものが書かれていました。
一度読んだだけですが、読むたびに自分への励ましとなり元気をもらえます。
よかったら一度、みなさんにも読んで貰いたいと思いました。

スポンサーサイト
中本 | 03:30:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
製造グループの中本です。

今回僕が読んだ本は喜多川泰さんの「君と会えたから・・・・」と言う本を読みました。

結果から言うとこの本のは何か凄く気持ちが上がる本でした。
1日1日を大切にしなければいけないなとすごく思わされる本でした。
僕はいつも物事を後にするタイプですがこの本を読んで後にするんではなく今出来る事はその時にしていかなけば行けないと思いました。
それをする為には自分が今後どうなりたいのか?
どう言う風にしていかなければならないのか?
と思いました。
本には自分の2枚目のライフリストを作れば良いとかいてありました。
これを見てなるほどと感じました。
と同時にこれは社長との面談で話をしていた事の一つだったとこの本を読んで思いました。
あと次の日のイメージなどをして行けばさらによくなるのではないかと思いました。
例えどんなに小さい事でもどんどん考え、行動して行ってどうもできなくなってからでも考えたらいいかと思いました。
人に聞くのも大事ですが自分で考えればその分自分の力になっていくと言うのも昨日、山田製作所の先輩に言われて気付きました。
そう言う自分の変化にも気付けた事少し成長できたのではないかな?と思いました。
正直もうなにが言いたいかと言うと後悔しないようにしなあかんなと思いました。


中本 | 00:11:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
製造部生産グループ中本です。

今回は風に舞い上がるビニールシート

作者は森絵都です
この本も6つの短編集がありますそのなかで
器を探して
弥生という女性が「仕事」と「恋人」を天秤にかけて奔走する物語で、彼女をとりまく人物たちはなかなかのクセの持ち主がいました。結婚を考えている恋人、憧れている仕事、どちらも大切だからどちらか一方を選ぶことができなくて夢を叶えた仕事に就いている人には共感できる部分が多いのではないかと思いました。
しつこくうるさい恋人とわかれるわけでもなく、あるいは仕事だけに生きるという新たらしい決意があるわけでもなかったのでわからない部分がありました。
犬の散歩
犬の里親探しのボランティアをする話
里親が見つかるまでの家を提供する主人公と犬たちの物語でした。
捨て犬の里親を探すボランティアをしている主婦のお話なんですけどこれはたまにニュースなどで取り上げられるけど解決しないもんだいだなと思いました。捨て犬とその処理それ以外にもたくさんの動物たちが人間のせいで命を落としているのはとても悲しいなと思いました。
これをみて自分は何かできてるのか。自分以外の何かに対して、無償で手をさしのべるようなそんなことをやれる強さを持ってるのかなと思いました。実際思っていてもなかなかできない事だと思いました。


中本 | 12:40:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
製造グループの中本です。
今回僕が読んだ本は中島幸子さんのちょっと一言その2とゆう本を読みました。

また前回読んでいた本と同じ様な短編集を読みました!
そのなかで「ヒヤリ、ハッとの法則」とゆう話があったので感想を書きたいと思います。

この本には一つの大事故の影には、29のヒヤリする程度の事故と、300のハッと感じる事が法則としてあると言うと言う事が書いていました。

正直驚きました。山田製作所で僕が体験したヒヤリハットと言うのは少ないですが、こんなにも多いともっと色々な所に注意を向けないんだなと思いました。
この本には朝礼、MTで発表しようとして失敗に終わっていますが、山田製作所ではみんなこうゆう事がありました、など情報の共有、対策がで素早くきていると思いました。



中本 | 07:17:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
今日は製造グループの中本です。

前回に次も東野圭吾さんの本を読むといとていたのですが奥さんが新しい本を持って来てくれたので今回はその本を読ませていただきました。

その本の題名は9年前の祈りです。

この本は大分の田舎町で、お父さんやお兄さんは肉体労働をしているなか、突然に東大に入って大学院まで進み、フランスに留学もしていた小野さん。
大分の海辺の町をモチーフにしてきており、この作品の背景には、若くして昨年亡くなられたお兄さんの存在があったと思います。

うまくいっていると、うまくいっていることそのものに、不安になってしまうこともありとても共感できる部分がある作品でした。

中本 | 07:30:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
  1. 無料アクセス解析