FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
読書感想文
山田製作所の中川です。
今回は芥川龍之介の「杜子春」を読みました。
ある夕暮れに杜子春という男が洛陽の西の門の下にぼんやりと空を仰いでいました。
もとは、金持ちの息子でしたが、今は財産を費い尽くして、その日のくらしにも困るくらい、憐れな身分になっているのです。
ある老人が杜子春に「お前は何を考えているのだ。」と聞きました。杜子春は「今夜寝る所もないので、どうしたものかと考えているのです。」と答えました。老人はしばらく何かを考えているようでしたが、やがて、往来にさしている夕日の光を指しながら、「この夕日の中に立って、影が地に映ったら、その頭に当たる所を夜中に掘ってみるがいい。きっと車いっぱいの黄金が埋まっているはずだから。」と杜子春に言いました。
そして、杜子春は一日のうちに、大金持ちになりました。大金持ちになった杜子春は、すぐに立派な家を買って贅沢な暮らしを始めました。
毎日友人を呼び酒盛りをしていました。
しかし、いくら大金持ちでも、お金には際限があるので1年2年と経つうちには、だんだん貧乏になりました。貧乏になると昨日までも来ていた友人も、門の前を通っても挨拶1つして行きません。1文なしになった杜子春に宿を貸す人も水の1杯も、恵んでくれる人もいません。
また、あの時の老人があらわれ以前と同じ質問をします。杜子春も以前同じ事を答えます。老人は「今この夕日の中へ立って影が地に映ったら、胸に当たる所を、夜中に掘ってみるがいい。きっと車いっぱいの黄金が埋まっているはずだから。」と言いました。その翌日からまた、杜子春は大金持ちに返りました。そして、3年経つ頃にはすっかりなくなっててしまいました。
また、老人が同じ質問をしました。杜子春は同じ事を答えます。老人が前回と同じ事を言っている途中で杜子春は「お金はもう入らないのです。」と言いました。老人は「贅沢をするにはとうとう飽きてしまったとみえるな。」と言いましたが杜子春は、「贅沢には飽きたのじゃありません。人間というものに愛想がつきたのです。」と答えました。
杜子春は老人を仙人だといい老人の弟子にしてくれと頼みました。その頼みを受けた老人は杜子春と一緒に峨眉山に行きます。そして、峨眉山の幅の広い1枚岩の上におり、何があっても一言も口をきくなと言われました。
杜子春は老人を待っている間魔性に襲われ殺されてしまいます。そして、閻魔大王の元へつき閻魔大王は「峨眉山の上にのぼっていた」と聞きました。杜子春は老人の言いつけを守り口を聞きませんでした。その事に怒った閻魔大王は馬の姿となった父と母を杜子春の目の前でむちで打ちはじめ杜子春は動揺を隠せません。「私たちのことはいいから幸せになりなさい」という母の声を聞いた杜子春は思わず。「お母さん」と叫んでしまいました。
仙人の修行には失敗しましたが、人間らしさを守れた杜子春は喜びを感じていました。それを見た老人は、1軒の家と畑与えて杜子春のもとを立ち去りました。
この本を読んで思ったことは、金の切れ目が縁の切れ目ということと、何があっても親は大切にしなければならないと感じました。また、本当の幸福とは何かと、いうことも考えさせられました。

スポンサーサイト
中川 | 22:09:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の馬場です
今回僕は、「君の名は」
という本を読みました。
この本は
田舎に住む女子高生の三葉が自分が東京に住む男子になる夢を見ました。
その男子の名前は立花瀧という名前で同じ歳の高校生だった。
田舎に住んでいた三葉は東京に憧れていたため夢の中で楽しみ、アルバイトでは美人な奥寺先輩と仲良くなった。
夢の中の男子高校生の携帯に日記があったのでその日の事を書き寝ました。
しかし、次の日、彼女は夢のことははっきり覚えておらず、いつも通り普通に過ごしていたが周りの友達が昨日の三葉は変だったと言われ、自分のノートには書いた覚えのないお前は誰だという文字が書いてあった。
2人とも入れ替わっている事に気付き次に入れ替わった時に2人とも携帯にメモをとり報告することにした。
何回か入れ替わる事で週に2.3回入れ替わる事に気付き
入れ替わっている時間は起きてから寝るまでということがわかった。
三葉は東京の生活に浮かれ瀧のお金を使いまくり、瀧は三葉の体にも関わらず男の言動で喋ったりして、2人ともルールを守らない日々が続くのです。
三葉がかってに奥村先輩とデートの約束をし、瀧は奥寺先輩とのデートで全く話が続かず、その事を報告するつもりだったがそれ以降2人が入れ替わることはなく、瀧が三葉に何かあったとおもい三葉の住んでいた風景を思い出し絵を描き絵を頼りに三葉に会いに行くのです。
そして、三葉の住んでいる場所がわかるのです。
ですがその町は3年前に隕石が落下し消滅していたのです。
三葉が山頂で飲んでいた口噛み酒を飲むと隕石が落下してきた時の記憶が龍の中に入ってくるのです。
そしてまた、入れ替わりが始まりその日は隕石が落下する日で、瀧は町を助けるために計画を立て、避難放送などをするのです。
そして、三葉がご神体の方にいる気がし、2人がご神体につきカタワレ時に2人は本来の姿で出会うことが出来るのです。
そして、カタワレ時が終わる時にお互いの手に名前を書きカタワレ時が終わるのです。
2人とも相手の名前を忘れ、手に書いた名前も消えてしまい、三葉は町を救いに行き、町は消滅したが住民は全員救えたのです。
そして数年後、瀧に再び出会う事になるのです。
この本を読み、
この本は入れ替わりが多すぎて、瀧なのか三葉なのか分からなくなったりしました。
憧れていた所に住んでいる人に入れ替われるというのはいいなとおもいました。
なぜ、好きになったのかはわからなっかったけど、いい話だなとおもいました。

馬場 | 22:20:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の中川です。
今回僕は芥川龍之介の地獄変を読みました。
主人公には可愛らしい一人娘がおり、大変大事にしてるようでしたが、大殿様にみそめられたため、お屋敷に仕えることになってしまいました。
しかし、主人公は納得していないようで、大殿様の指示で絵を描いたときなどは、褒美として娘をかえすようにお願いしたほどです。このとき大殿様はご立腹され、しだいに主人公を見る目は冷たくなっていきました。
ある日、大殿様は主人公に「地獄変の屏風」を描くように命令されました。主人公は実際に目にしたものしか描かないというこだわりを持っていたため、地獄変を完成させるために、目の前で牛車の中で焼かれる高貴な女性を直接みたいと大殿様にお願いしました。
数日後、大殿様は約束通り主人公を呼び出しました。そして大殿様は主人公に牛車の中をみせるように命令しました。牛車の中で鎖に縛られていたのは、主人公の娘だったのです。主人公は正気を失ったかのように走りだしましたが、すぐに大殿様は「火をかけい」と命令しました。主人公は始め、恐れと悲しみで苦しんでいたものの、次の瞬間には満面の笑みを浮かべて燃えさかる炎をただじっと眺めていました。
その1ヶ月後、主人公は完成した地獄変を大殿様に献上し、まもなく自殺しました。
この本を読んで思ったことは、いくら絵の為とはいえ人を焼いてまで完成させる主人公に恐怖を感じました。ただ、完成させた後に自分も自殺してしまったので人としての心もあって良かったとも感じました。
この本は、歌舞伎や映像作品にもなっているので時間を作って見てみたいと思います。

中川 | 20:47:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の馬場です。
今回僕は、「去年の冬、きみと別れ」
という本を読みました。
この本は
婚約者と結婚を控えた恭介というフリーライターが
雄大という男が気になっており
雄大という男は、撮影中に女性のモデルを焼死させてしまい事故として処理されたものの、雄大は燃えている女性を助けもせず撮影していた噂があり、それで恭介はそれについて企画を持ち込んできます。
雄大には他人の物を欲しがるという性質を持っており恭介の婚約者の存在がバレてしまいます。
仕事に集中し恭介は婚約者を構ってやれずその隙を突かれ雄大にモデルになってほしいと言われた婚約者は雄大について行きスタジオで監禁され、そこで火事が起き、恭介と編集者の小林と駆けつけるがついた頃には手遅れで手錠をされ椅子に座っている人影がありそれを撮影していた雄大。
ですが、恭介はフリーライターではなく、復讐者みたいな感じだったのです。
恭介は前回にあった女性のモデルが焼け死んだ人の元恋人だったのです。
恭介が真相を調べていくと事故ではなく、雄大と朱里の2人に殺されたのです
恭介の婚約者というのも雄大を引きつける物であり婚約者が燃えているように見せかけ、雄大の姉の朱里を焼き殺し、それに気づかず雄大は燃えている姉の写真を撮っていたのです。
そして、雄大は火をつけた張本人として、逮捕され、恭介の復讐は終わるのです。
この本を読み、
初めは恭介の婚約者が殺されたと思っていたが、まさか恭介が雄大の姉を焼いてたとは思いもせずに騙されました。
復讐をする時はほぼほぼ捕まっている感じをするが、完璧なトリックで完全に騙し復讐のするのは初めて見た気がし、すごいなと思いました。

馬場 | 05:18:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の馬場です
今回僕は、「22年目の告白」
という本を読みました。
この本は
1人のチンピラを追いかける刑事の牧村に上司からの電話がなり、急いで戻るようにと言われ戻ると、会見が始まるところだった。
1人の曾根崎と言う男が会場入りをし、
22年前に起きた連続殺人事件。犯人は捕まらず、先日に時効を迎え、そこで曾根崎が私が犯人だとでてくるのです。
その後も曾根崎は世間に知ってもらうため生放送に出させて欲しいとお願いするが、それは難しいと言われ
曾根崎は遺族の元に顔を出したりしてメディアに露出していき、ジャーナリストの仙堂がキャストを務める番組に出演することになり、全国に広まるのです。
ですが、曾根崎は犯人ではなく恋人を殺され真犯人をおびき寄せるために顔と声を変え犯人のフリをしていたのです。
牧村の元に電話がなり曾根崎と誰かが山奥に行ったと言う事を聞き牧村もすぐに向かうと、山奥に別荘がありその中で、曾根崎が真犯人を殺そうとしていたのです。
ですが、少し前に牧村が殺人の映像を見返していると時効がまだ過ぎてい無いということに気づき真犯人を逮捕できたのです。
そこで真犯人は、ジャーナリストの仙道だったのです。
この本を読み、
初めの方はすっかり曾根崎が犯人だと思い
最後の最後まで、真犯人がいることも誰なのかも分かりませんでした。
曾根崎と言う男は、すごい人だなと思いました。
恋人を殺した人を見つけるために自分の顔と声までを変えてまで、犯人を探すのは自分では考えられないなと思いました。

馬場 | 23:59:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。