FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文
山田製作所の中川です。
今回僕は芥川龍之介の地獄変を読みました。
主人公には可愛らしい一人娘がおり、大変大事にしてるようでしたが、大殿様にみそめられたため、お屋敷に仕えることになってしまいました。
しかし、主人公は納得していないようで、大殿様の指示で絵を描いたときなどは、褒美として娘をかえすようにお願いしたほどです。このとき大殿様はご立腹され、しだいに主人公を見る目は冷たくなっていきました。
ある日、大殿様は主人公に「地獄変の屏風」を描くように命令されました。主人公は実際に目にしたものしか描かないというこだわりを持っていたため、地獄変を完成させるために、目の前で牛車の中で焼かれる高貴な女性を直接みたいと大殿様にお願いしました。
数日後、大殿様は約束通り主人公を呼び出しました。そして大殿様は主人公に牛車の中をみせるように命令しました。牛車の中で鎖に縛られていたのは、主人公の娘だったのです。主人公は正気を失ったかのように走りだしましたが、すぐに大殿様は「火をかけい」と命令しました。主人公は始め、恐れと悲しみで苦しんでいたものの、次の瞬間には満面の笑みを浮かべて燃えさかる炎をただじっと眺めていました。
その1ヶ月後、主人公は完成した地獄変を大殿様に献上し、まもなく自殺しました。
この本を読んで思ったことは、いくら絵の為とはいえ人を焼いてまで完成させる主人公に恐怖を感じました。ただ、完成させた後に自分も自殺してしまったので人としての心もあって良かったとも感じました。
この本は、歌舞伎や映像作品にもなっているので時間を作って見てみたいと思います。

スポンサーサイト
中川 | 20:47:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の馬場です。
今回僕は、「去年の冬、きみと別れ」
という本を読みました。
この本は
婚約者と結婚を控えた恭介というフリーライターが
雄大という男が気になっており
雄大という男は、撮影中に女性のモデルを焼死させてしまい事故として処理されたものの、雄大は燃えている女性を助けもせず撮影していた噂があり、それで恭介はそれについて企画を持ち込んできます。
雄大には他人の物を欲しがるという性質を持っており恭介の婚約者の存在がバレてしまいます。
仕事に集中し恭介は婚約者を構ってやれずその隙を突かれ雄大にモデルになってほしいと言われた婚約者は雄大について行きスタジオで監禁され、そこで火事が起き、恭介と編集者の小林と駆けつけるがついた頃には手遅れで手錠をされ椅子に座っている人影がありそれを撮影していた雄大。
ですが、恭介はフリーライターではなく、復讐者みたいな感じだったのです。
恭介は前回にあった女性のモデルが焼け死んだ人の元恋人だったのです。
恭介が真相を調べていくと事故ではなく、雄大と朱里の2人に殺されたのです
恭介の婚約者というのも雄大を引きつける物であり婚約者が燃えているように見せかけ、雄大の姉の朱里を焼き殺し、それに気づかず雄大は燃えている姉の写真を撮っていたのです。
そして、雄大は火をつけた張本人として、逮捕され、恭介の復讐は終わるのです。
この本を読み、
初めは恭介の婚約者が殺されたと思っていたが、まさか恭介が雄大の姉を焼いてたとは思いもせずに騙されました。
復讐をする時はほぼほぼ捕まっている感じをするが、完璧なトリックで完全に騙し復讐のするのは初めて見た気がし、すごいなと思いました。

馬場 | 05:18:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の馬場です
今回僕は、「22年目の告白」
という本を読みました。
この本は
1人のチンピラを追いかける刑事の牧村に上司からの電話がなり、急いで戻るようにと言われ戻ると、会見が始まるところだった。
1人の曾根崎と言う男が会場入りをし、
22年前に起きた連続殺人事件。犯人は捕まらず、先日に時効を迎え、そこで曾根崎が私が犯人だとでてくるのです。
その後も曾根崎は世間に知ってもらうため生放送に出させて欲しいとお願いするが、それは難しいと言われ
曾根崎は遺族の元に顔を出したりしてメディアに露出していき、ジャーナリストの仙堂がキャストを務める番組に出演することになり、全国に広まるのです。
ですが、曾根崎は犯人ではなく恋人を殺され真犯人をおびき寄せるために顔と声を変え犯人のフリをしていたのです。
牧村の元に電話がなり曾根崎と誰かが山奥に行ったと言う事を聞き牧村もすぐに向かうと、山奥に別荘がありその中で、曾根崎が真犯人を殺そうとしていたのです。
ですが、少し前に牧村が殺人の映像を見返していると時効がまだ過ぎてい無いということに気づき真犯人を逮捕できたのです。
そこで真犯人は、ジャーナリストの仙道だったのです。
この本を読み、
初めの方はすっかり曾根崎が犯人だと思い
最後の最後まで、真犯人がいることも誰なのかも分かりませんでした。
曾根崎と言う男は、すごい人だなと思いました。
恋人を殺した人を見つけるために自分の顔と声までを変えてまで、犯人を探すのは自分では考えられないなと思いました。

馬場 | 23:59:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の中川です。
今回は芥川龍之介の「トロッコ」を読みました。
主人公は工事のために土を運ぶトロッコを見るのが好きだった。1度だけ弟と隣の子とトロッコで遊んだことがあるが、その時は工事場の大人に怒られてしまった。ある日主人公は叱られなさそうな土工を見つけ、頼み込んでトロッコを押す許可をもらう。はじめは楽しく思っていた主人公だったが、暗くなり始めた空を見て不安になる。土工に別れを告げ主人公は走った。心細さはあったが泣かずに家までたどり着いた。自分の家で主人公は、近所の人が集まってくるほどの大声で泣き続けた。
この本を読んで思ったことは、何故土工の人は主人公がトロッコを押すのに許可を出したのかです。もし、それで事故が起きた時に誰が責任をとるのかなどを考えたら安易に許可を出さない方がいいと思いました。
帰る中辺りは暗くなるにつれ不安も募っていって泣きそうになりながらも走り続けて最後は無事に家にたどり着けて良かったとも思いました。

中川 | 20:49:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文
山田製作所の中川です。
今回は、芥川龍之介の「雛」を読みました。
この話は、ある老婆の子供の話です。
お鶴の家は御用金の商家だったのですが、15歳の時には没落していていました。火事で焼け残った土蔵住まいとし、仮説の建物を店にして、にわか仕込みの薬屋をやっていました。
生活が厳しく家財を売り払ってしまった頃雛人形も売らなければならなくなり、買い手はとあるアメリカ人に決まった。
最初はあまり悲しく思わなかったが引渡しの日が近づくにつれ雛人形を惜しむ気持ちが湧いてくる。
引渡しの日の前日お鶴はなかなか寝付けずにた。行燈を灯した薄暗い中に、雛壇を飾って眺めている父の横顔が映る。
この本を書き上げたのは、イギリス人の客間に、古雛の首をおもちゃにしている赤毛の童女に遭ったからだという。
この本を読んで思ったことは明治維新、文明開化などの時代背景から、新しいものばかりに 目を向けないで昔からある伝統も大切にし欲しいと作者が言いたかったと思いました。僕は、新しいもの好きですがやっぱり昔からある日本の伝統も大切にして行きたいと思います。

中川 | 22:48:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

  1. 無料アクセス解析