FC2ブログ
 
■プロフィール

山田スタッフ

Author:山田スタッフ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

読書感想文 鈴木
今回はつみびと言う本を読みました。この本ではある放置虐待をモチーフとした本でした。出てくる幼児は上が男の子で下が女の子でしたこの子供の母親が蓮音と言い蓮音の母親が琴音という人物です。琴音も虐待を受けていて父親がなくなったあとも母親の彼氏から性的虐待を受け誰も信じなくなってしまいました。その琴音も年頃になると幸せな結婚をし3人の子供にも恵まれました。その長女が蓮音でした。ある日琴音が理由もなく家から出ていってしまいました。その時蓮音は小学校低学年でした。そのときに下の弟達を世話をしたり頑張っていました。そのせいか蓮音は情緒不安定になってしまいます。そんな蓮音も年頃になり結婚します。蓮音も幸せな生活が遅れると思っていました。その蓮音の夫は金持ちで夫のお母さんがすごく厳しい人でした。それに耐えきれなくなった蓮音は情緒不安定になり離婚してしまいます。なんとかして息子と娘を食べさせようとした蓮音は風俗店で働いてしまいます。そんなある日蓮音はホストにハマってしまいます。お金を使いすぎてしまいます。息子と娘が食べられなくなりました。ですが蓮音このとき子供のことなんてどうでもいいと思っていました。一ヶ月家に放置した結果子供は死んでいました。その後蓮音は捕まりました。最後に面会で琴音と話をします。そのときに蓮音が最後に(幸せ?)と聞き琴音は幸せよと言って終わりました。
この本を読んで思ったことは読み終わったあと無性に腹が立ちました。こんな幼い子供がなんでこんな理不尽な大人のせいで死んでしまったんだろうと思うと腹が立ちます。僕も親になったら絶対に虐待はしないと心から思った本でした。

スポンサーサイト



未分類 | 21:51:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文 鈴木
今回は陰日向に咲くを読みました。一作の中にいろいろな物語がある本でした。。その中で面白かったのはサラリーマンがホームレスの体験をするという物語です。
主人公のサラリーマンは毎日仕事があり休みも返上したり大きな仕事を任されてプレッシャーに追い込まれたり妻も子供もいるけど、なんのためにこんなことをしているのかわからなくなっていました。そんなある日電車の中でホームレスがいることに気づきます。そのホームレス獣のようだ体臭で周りの人が近寄らないようなきつい匂いでした。ですが主人公はその匂いを自由の匂いだと思いそのホームレスについていこうと思いました。ついていくと公園に付きました。そこには違うホームレスがおり主人公はなぜかワクワクしてしまいます。主人公のついていったホームレスをモーセと名付け一緒に暮らしていきます。そのモーセはホームレスの中でホラ吹きだと有名でした。そんなある日モーセが野球選手の父親だと知ります。モーセはこんなみすぼらしい姿を見られたくない。と言いました。ですがモーセの息子は昔は嫌いだったけど今は父親と暮らしたいといいます。結局モーセと息子は一緒に暮らすことになります。主人公ももとの生活に戻りたくなり。最後にモーセの小屋を見に行きました。小屋に入り見ていると見知らぬ人が入ってきて。ここは俺の家だと言いました。モーセば全部嘘で野球選手の息子もいないと気づきます。最後に大ホラ吹きめと言って終わりました。
この本を読んで思ったことは
自由になりたいと思うのはわかるけど自由すぎるのも嫌だと思いました。自由すぎるといいことと悪いことがわからなくなると思うだからモーセもあんな平然とホラが吹けると思いました。だから僕は自由すぎず頑張って行きたいと思いました。

未分類 | 07:06:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文 鈴木
山田製作所の鈴木です。今回は崖の下で踊ると言う本を読みました。
主人公は一人ではなくフウジンブレードと言う会社の被害者達です。復讐を目的とし、その会社の社長と専務と開発部長を殺害する計画を実行しようとする話でした。被害者は10人いてフウジンブレードの保養所でゴールデンウィーク中に計画を実行しようと集まりました。ですが10人の中で殺人が起きたりして信頼関係も崩れたりしていきました。最終的に誰がなんのために殺すのかがわからなくなりました。復習はその会社が家庭用の高効率発電機を販売している会社でその発電機のせいで人生を狂わされた人やその身内が復習をするという事でした。僕が思ったことは自分自身が大切な家族がその会社のせいで人生を狂わされたり殺されてしまったりしたら感じたことのない怒りや悲しみや憎しみが湧くと思いました。でも殺したからといって怒りや憎しみが消えるとは思えないし満足もしないと思います。殺したい気持ちもわかる気がします。だからこの本がフィクションでよかったと思いました。

鈴木 | 12:24:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文 鈴木
山田製作所の鈴木です。
今回は火花を読みました。主人公の徳永はスパークスと言うお笑い芸人です。ある日花火大会で神谷と言うお笑い芸人と出会います。その神谷と徳永は師匠と弟子と言う関係になります。ある日神谷に[お前は喋りはうまくはないけど、静かに観察する眼を持ってるから伝記を執筆する人間に向いてるはずや]と言われてしまいました。ですが徳永は[僕の夢は漫才師として食べていきたいことです]と言いました。すると神谷は[冗談や]と言いました。その神谷のおかげていいネタが浮かんだ徳永は思っていることを反対にすると言うネタをしました。その漫才を最後にしようとしていた徳永はその漫才を最後に芸人を引退しました。
僕がこの本を読んで思ったことはこの本は難しいなと思いました。なぜかと言うとこんな経験をしたことがないからです。徳永のように頑張って漫才師になろう思っていることが一番大事だと思いました。僕も頑張って何かになりたいと思えるように努力くをしてその何かを探したいと思いました。


未分類 | 16:19:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
読書感想文 鈴木
山田製作所の鈴木です。
今回は田村裕さんの(ホームレス中学生)を読みました。ある日中学2年生の主人公が家に帰ってくると自分の家具や物などが家の前においてありました。その後主人公は家の前で親が帰ってくるのを待っていました。しばらく待つと親が帰って来てこう言いました。(ご覧のとおり、誠に残念でございますが、家にの方には入れなくなりました。厳しいと思いますが、これからは頑張って生きてください。解散!!)と言われてししまいます。その後主人公はホームレスになってしまいます。行くあてもない主人公はよく子供のときに遊んでいた公園で暮らすことになります。その後子供達から、からかわれたり野良犬に威嚇されたりし毎日戦いの日々を送る毎日でした。その後は主人公の失恋の話や人生を変える奇跡の出会いがあります。友達の親が主人公の状況を知り家に住まわせてもらう事になりホームレス生活から抜け出す事に成功します。その後養子縁組の話になりまた兄妹で暮らしていけることになりました。そんなとき主人公の母の話しになりました。主人公は母親が大好きな青年でした。しかし主人公が十歳のときに母親は癌で亡くなっていました。しばらくすると父親もなれない家事体調を壊しがんになってしまいました。幸い発見が早かったため入院し一命はとりとめました。しかし入院してる間会社をクビになり精神的にも限界に追い込まれてしまいました。なんとか仕事を見つけたが弱りきっている父親は続けるのが困難でだんだんと荒れていきお酒も飲み帰ってこない日が多くなりました。主人公がもうすぐ中学生と言う春休みに引っ越さなければならなくなった。明るかった主人公はすぐに新しい中学で友達が増え友達と近くの公園でよく遊んだバスケットリンクがあったのでバスケの練習もできなかなかの環境だった。中学入学から一年と4ヶ月たった日解散宣言が突きつけられる。よくみんなに(お父さんに恨みはないのか)と聞かれるが全く恨みはないむしろ感謝の気持ちだった。なぜならお母さんの死に関してもショックが大きかったと思うしお兄さんをちゃんと大学にも行かせお姉さんも高校に行かせ主人公にも部活をさせてくれた。なんとか高校にも受かり高校生活が始まりました。部活はバスケ部に入り普通の高校生活をおくりました。

この本を読んで思ったことはもし自分が中学生のときにホームレスになったら主人公のようにできないなと思いました。

鈴木 | 00:01:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
  1. 無料アクセス解析